今日の加子母のトマトはKISAKU

|
今日の加子母のトマトは
中津川の「洋食亭 KISAKU」この店の薪釜で焼き上げるピザに注目。

店内に入るとまず正面に薪釜が目に入ります。
黒い釜の内部には真っ赤な炎がゆらゆらと見えます。

この薪釜で焼くKISAKUのピザは、強火で焼き上げられ、ほどよく焦げ目がつき食欲をそそります。
そして一口食べるともっちりとした生地の食感に驚きます。

薪釜で高温で短時間で焼くからこそできるそうで
今日のように気温が40度近いのではないかという日でも
おいしいピザのためには熱さをもろともせず釜と向かい合うシェフ。

オーナーのおいしさへのこだわりです。
なんでもナポリピッツァを忠実に守っているそうです。
チーズにもこだわりイタリアカンパーニャ地方のフレッシュモッツァレラチーズを空輸しているそうです。

そんなKISAKUのピザと加子母のトマトがタッグを組みます。
加子母のミネラルトマトがどんな風においしく料理されるのか楽しみです。
100818.jpg

すでに黒板メニューのピザには加子母のトマトが使われているとかで
早速、食べに行ってきました。
そりゃもう、チーズとトマトの相性ばつぐんですからすばらしい味です。
加子母のトマトがおいしく料理されて帰ってきた感じです。お帰り!

100818_2.jpg

しかも、9月からの期間限定メニューに加子母トマトの名前がついたメニューが登場するとオーナーから聞きました。
いやもう、これはみなさん見逃せませんよ!
詳しくはまた追ってお伝えします。
101018_3.jpg

洋食亭 KISAKUホームページ