加子母トマトの袋が変わりました。

|
加子母のトマトも量が減ってきましたが
ここへ来て袋が新しくなりました。

101022_2.jpg
すでに袋のデザインはできてたのですが
農家ごとに以前の袋がなくなったところから順次
新しい袋になってきます。
tomato_fukuro.jpg
この袋は道の駅ゆうらく館でデザインしたもので、
今までの袋より色数を1色減らしました。
その1色とは「赤」。

赤はトマトの色です。その色を袋には使わないというプラン。
トマトの本質を重視したコンセプトです。

なので中のトマトが青いうちはちょっと袋に入った状態が
緑っぽい感じがしますが、トマトは数日で色が赤くなってきます。
袋に入った状態が美しくなったら味もベストになった合図です。
赤くなるまでは常温で、赤くなったら冷蔵庫に入れてください。

加子母トマトの季節もあと残り1ヶ月くらいです。
数は減って来ていますが加子母とまとを味わってください。