旧武藤山治邸(きゅうむとうさんじてい)という舞子公園の新たな名所

|
神戸の舞子公園に移築された旧武藤山治邸(きゅうむとうさんじてい) に行きました。
衆議院議員として活躍した武藤山治(1867年―1934年)が、明治40年に舞子海岸に建てた住宅です。
maiko.jpg
舞子の浜で、西洋館の生活様式をありのままに知ることができる
新たな名所が誕生しています。
maiko2.jpg
なぜここを紹介するのかというと
風景が美しいのはいうまでもないのですが、
この建物は外観は二度の移築により、構造材の大部分や外装材の一部は新材で再現されているものの、
建具や内装の仕上げ材は建築当初のものが残されており、
当時の写真等をもとに、正確な修復がされています。
maiko4.jpg
その修復工事をしたのが加子母の中島工務店です。

事 業 主:兵庫県神戸県民局  

監   修:足立裕司(神戸大学大学院)  

設計・監理:財団法人 建築研究協会  

施 工 者:株式会社 中島工務店  

工事期間 :平成19年12月~平成22年10月


長い工事期間を終えて完成した建物はとても立派でした。

行くのが遅れて開館時間を過ぎてしまったために中を見ることが

できなかったのですが、外装を含め回りの景色とは非常によくあっています。

すぐ近くに建っている移情閣」とのコンビは最高です。

洋館と明石大橋のダイナミックさとが美しい。

maiko3.jpg

この景観を作り出すのに加子母が一役買っているというのは

とてもおもしろいです。

今度は是非中を見たいと思います。