2010年12月アーカイブ

お正月はちょっと豪華にいきましょうか。

|
道の駅には全国のちょっとめずらしい物もあります。お正月をちょっと豪華に彩る食材のご提案です。101231.jpgいちご煮のルーツは、漁師の浜料理。カゼとアンビを豪快に盛った煮付け料理だったようです。それが、大正時代に料亭料理として供され、お椀にきれいに盛り付けてお吸い物としていただくようになりました。
「いちご煮」1580円
ichigoni-awabi.jpg 現在では、晴れの席やお正月には欠かせない一番吸い物として食べられております。 また、日本料理の料理人の間では、「いちご煮」の名を知らない人はいないといわれるまでになり、青森県を代表する郷土料理の一つとなっています。r-002.jpgいちご煮・雑煮
  1. 餅は焼いてからお湯にくぐらせておく。
  2. 開缶し、汁・具ともに鍋に移し替え温めておく。
  3. 器に餅を入れ、温めたいちご煮を注ぎ入れて出来上がり。お好みで三つ葉などを散らして。

道の駅加子母には全国の道の駅との交流品があります。駅長が足を運んで取り寄せたその地方でこだわりのイチオし商品です。
その中でも、これからの冬に楽しむ「お鍋」にあう食材をピックアップしてみました。いつもの鍋がぐっと美味しくなる食材や調味料のご提案です。
nabe2.jpg
まずは、ダシをとるなら青森から届いている昆布。
だし昆布 600円
早煮昆布 600円
根こんぶ 800円

nabe3.jpg
大間特産わかおいこんぶ 480円
などがあります。


nabe1.jpg
米どころ越後川口から届く「車麩」もおすすめです。
「車麩」530円


食材の味を楽しむためにも調味料は、お鍋にはかかせないもののひとつです。
「道の駅ゆーさ浅虫温泉」から届く醤油や
ゆず生産の本場大分から届く「道の駅きよかわ」おすすめ調味料はこちらです。
nabe4.jpg
「がごめ昆布醤油」550円
「ほたて醤油」440円
大分の「ゆずポン酢」630円
地元中津川の好辛クラブの「好辛醤油」360円

nabe7.jpg
飛騨高山の高根町のトンネルの中で18ヶ月以上熟成させているうま辛王も
まろやかな旨味があってオススメです。
飛騨高山「うまっ辛」270円
飛騨高山「柚子のとうがらし」420円」
飛騨高山「一味のとうがらし」315円

nabe5.jpg
大分の「柚こしょう」500円
大分の「ゆず赤こしょう」500円

nabe8.jpg
薬味に豊後大野産の発芽金ごまはいかがでしょう。
発芽させた金ごまを使った栄養満点の香ばしいいりごまです。
「発芽金ごま」550円

年末年始のメニュー!

|
食堂は年末年始も営業していますが、メニューが変わります。
定食は出来ませんが、飛騨牛丼やトマトカレー、うどん、そばなどをご用意しています。デザートのわらび餅セットやケーキセットもどうぞ。また、コーヒーなどのドリンク類は通常通りご注文いただけます。101228menu.jpgケイちゃんの単品もあるのでライスを頼んでもらえば定食っぽく食べることもできます。

門松を飾ろう!

|
kadomatsu.jpg門松は年神を家に迎え入れるための依り代なのです。今年はまだ準備の済んでない方は道の駅の門松はいかがでしょう。加子母の女性林業グループ「こぶしの会」の方達が作った門松です。値段も1対で¥2,000とお手頃です。

サンタといっしょに雪もやってきた。

|
今日の加子母は朝起きたら、一面真っ白でした。101225.jpgほんとにホワイトクリスマスになりました。でも、道はとても滑りやすくなっているので車の運転は注意して下さい。写真.jpg
今朝の塞神峠の様子です。

加子母はホワイトクリスマス

|
加子母の山には雪が積もっています。だいたい800メートル以上は真っ白という感じでしょうか。時折雪が舞っていますが、国道沿いは積もってはいません。車の通行も問題ないです。101224.jpgイルミネーションと雪景色がクリスマスを演出して、行き交う恋人達でクリスマスムードいっぱいです。 と、いきたいところですが寒くて恋人達など見当たりません。でも、夜の駐車場のイルミネーションはきれいです。101224_2.jpg

週末は雪が降りそうです。ホワイトクリスマスになるのでしょうか。さっき時雨れたのですが、その瞬間目の前に大きな虹がかかりました。ちょうど道の駅の第2駐車場からでているように見えました。写真を2枚撮ったところであっという間に消えてしまいました。101223_2.jpg101223_3.jpg

加子母の山を守る杣人(そまびと)

|
日本経済新聞に連載中の「元気な山村 岐阜・加子母に住んでみる」に杣職の安江正秀さんが登場していました。「山が好きだから杣になった」という安江さんは、小さい頃から山で遊び山を知り尽くしている。101223.jpgこれからの季節は山でスキーを楽しむ。彼のスキーの腕前はプロ級である。仕事も遊びもすべてが山なのだ。この日経新聞の加子母の連載もいよいよ終わりだと思いますが、あともう一回あるのかな?それともトリが安江正秀さんだったのかな。

今年の門松!できました。

|
今日はこぶしの会の方達がふれあいのやかたで毎年恒例の門松作りをされています。
 ホールに門松の材料が並べられ手際よく門松が組み立てられていきます。 101217.jpg 材料は、竹ならあそこの竹がちょうどいいとか、松ならあそこ。なんて具合に みんなで調達するようです。 101217_2.jpg まずは空き缶をベースにワラのムシロをまいて紐でむすびます。 それに竹をさして根元に葉ボタンを植え、周りに松をそえます。 元に葉ボタンを入れるのは関西のスタイルらしいです。 101217_3.jpg 最後に梅や南天をかざって出来上がりです。 101217_6.jpg 門松を作った、こぶしの会の皆さんです。 101217_4.jpg この門松は道の駅で買うことができます。 11組限定なので、ご希望の方は お早めにお買い求め下さい。 
1組 2500円です。

今日の津軽三味線演奏会

|
今日はゆうらく館で津軽三味線の演奏会では、
田中隆史さんの演奏に加子母の生徒さん2人の演奏が加わり、
いつもとはまたちょっと違った雰囲気でよかったです。
101215_1.jpg
101215_2.jpg

ゆうらく館で津軽三味線を聴こう!

|
16日(水)に、ゆうらく館で津軽三味線の演奏会があります。
今回は田中隆史さんの演奏に加えて、田中さんの加子母の生徒さんも出演する予定です。
当日はイベントに合わせてちょっと豪華な特別セットメニュー350円をご用意しています。

日時:平成22年12月15日(水)午後2時30分開演
場所:道の駅加子母ゆうらく館食堂ホール
料金:500円
演奏:田中隆史・今井名由美・北川加寿巳
演奏曲:津軽じょんから節/南部俵積唄/とらじょさま/他

shamisen.jpg

加子母のイルミネーションの試験点灯!

|
今日は雪が舞って寒い一日でしたが、
道の駅の第2駐車場のイルミネーションが試験点灯しました。

illumi2.jpg
illumi.jpg
その一角がひときはきれいに暖かく見えましたが、
そう見えただけで寒さは変わりありませんでした。
でも、きれいかも!


加子母の明治座でベートーベンの第9を

|
加子母の明治座でベートーベンを全部やろうという計画があって、
 来年第8番をやって、2012年に第9をやるのです。

dai9.jpg
 第9は演奏の他にコーラスもいるので、その合唱団を加子母の人でやります。 
きのうはその第9のコーラスの5回目の練習があって 20数名が集まって中学校の音楽室で練習をしました。

101209.jpg まだまだ、人数が足りません。
 最終的には、総勢60名の合唱団を作りたいので ご協力を!

12月22日(水:次の日は祝日)の夜、
加子母のイタリア料理『イル フィオーレ』で 
『クリスマスディナー&ライブ 小さなチェンバロ』が開催されます! 
イル フィオーレの優しいおいしさのイタリアンを食べて、
チェンバロの繊細な音色を楽しめます。 

 出演はharu(渡辺敏晴)。

haru.jpg 小さなチェンバロを車に積んで全国を旅する音楽家です。 
 ご予約お問い合せは、アトリエ玉手箱のホームページから 

12月22日(水) ディナー(ビュッフェ形式) 
18:00~ 
ライブ19:30~  
お一人さま¥3,000(ドリンク別) 

冬こそ、ソフトクリーム!

|
今日は雪じゃなくて雨。
気温が結構高いので、雪はもうちょっと先かな。

寒くなると、

温かいものを食べて暖まるっていうのもいいけど

冬のアイスクリームって美味しいですよね。

ソフトクリームなんてどうでしょう!
tomatosoft.jpg
加子母と言えばもちろんおなじみのトマトソフトクリーム

厳冬の加子母でトマトソフトクリームを食べよう!



お歳暮用ギフトカタログ(訂正とお詫び)

|
道の駅加子母のギフトカタログができました。
是非ご利用ください!

カタログ掲載内容の一部に間違いがありました。

●加子母平野屋の切り餅4種セットの中の訂正は

切り餅10個(栃餅)→ 切り餅10個(きび餅)

になります。訂正をもってお詫び申し上げます。
料金にに変更はございません。


●めんいちもっちりうどんの写真の中の説明文に誤りがありました。

トヨタ紡グループ → トヨタ紡織グループ

になります。訂正をもってお詫びもうしあげます。


catarogu.jpg
カタログは店頭でも配布致しております。
カタログのダウンロードはコチラから。